2017年7月26日「君の名は。」がついに配信決定!

U-NEXTで配信されているのでチェックしてみてください!

⇒ U-NEXTのトライアルで「君の名は。」を観てみる

 

main_visual

 

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする(ぼく明日)」は2016年12月17日に公開の日本の映画です。

原作は七月隆文のよる同名小説「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」。

2014年8月20日に宝島社文庫から出版されています。

 

index_il_01

 

ここでは映画版「ぼくは明日、昨日のきみとデートする(ぼく明日)」の全体的なあらすじとネタバレなどについてまとめていこうと思います。

 

「ぼく明日」のキャストは?

メインキャストは以下の通りです。

 

南山高寿

(福士蒼汰)

 

福寿愛美

(小松菜奈)

 

上山正一

(東出昌大)

 

「ぼく明日」のあらすじネタバレと注目点は?

まずは映画の概要です。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(ぼく明日)は、七月隆文の小説が実写化された作品です。

主人公を福士蒼汰、ヒロインを小松菜奈が演じます。

主題歌は切ない恋愛ソングを得意とし、若い世代に人気のbacknumberが担当。

 

舞台は京都。

美大に通う南山高寿(福士蒼汰)は大学に向かう電車の中で一目惚れをする。

彼女の名前は福寿愛美(小松菜奈)控えめな高寿ではあったが、彼女に一目惚れ。思いきって愛美に声をかける高寿。

初めて出会った日の別れ際

 

「また会える?」

 

と愛美に声をかけると、愛美は突然涙する。

その理由を高寿はその時、知る由も無かった。

二人はすぐに意気投合し、いつしか大切な存在に。

しかし、二人が「初めて」を迎える度に愛美は涙する。

愛美には高寿に言えない秘密があった…。

 

本作で注目すべき点はいくつかあります。

 

時間がキーになる物語の実写化

本作は高寿と愛美が逆の時間の流れ(高寿が子供のとき、愛美は大人。愛美は1日1日と子供に戻っていく)で生きている中で、同じ時間を交差する30日間を描いた物語です。

その時間を映像としてどのように見せるのか、とても期待しています。

 

舞台の京都

原作はすべてが京都でのお話。

実際に思い浮かべることのできる場所がたくさん出てきます。京都の魅力をより感じることができるのでは期待しています。

 

ヒロイン・小松菜奈

 

middle_198405_0

 

時間の流れが通常とは逆を生きる愛美を演じる小松菜奈。

透明感と世界観をもつ兼ね備えた彼女が演じる愛美に期待しています。

 

主題歌・backnumber

本作は恋愛映画ですが、ハッピーエンドにはならない。

そんな映画にとっておきの歌手が抜擢されました。

切ない恋愛ソングを得意とするbacknumber。

主題歌が映画にどんな彩りを添えるのか期待しています。

 

話題の動画を無料で観よう

映画の新作、いつも期待してしまいますよね。

でも忙しいあなたはなかなか映画館には行けない。

気になる映画が上映されても…、

 

気になってはいたけど、結局観ることができなかったなぁ

 

結局こうなっちゃいます。

でもやっぱり気になる…。

 

そこで良い方法があります。

映画や動画を配信してくれるサービスを利用するのです。

例えば、U-NEXTという動画配信サービスです。

これは映画やドラマなどをパソコンやスマホで動画視聴できるサービスになります。

逃してしまった映画も見ることができます。

スマホでも観ることができるので、忙しくて時間が取れなくても安心ですよ。

さらに、視聴無料の期間がついていますのでその期間なら完全無料で観ることができますよ。

登録だけでもしておきましょう。

⇒ U-NEXT

☆トライアル期間に無料視聴が可能です☆

 

またこちらのサービスも有名です。

こちらも2週間の無料トライアルがついているので、この期間なら無料ですよ。

もちろんいろいろなドラマや映画、アニメなども視聴できます。

ぜひ登録してみましょう。

 

その他の記事映画情報はこちら

この他にも映画やその原作についてまとめています。

映画のほかに、ドラマのことも書いています。

読んでみてください。

もくじ

 

 

こんな記事も読まれています:

U-NEXTでドラマ映画がタダで観れる!?

FODプレミアムコースが最大1ヶ月無料!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

アグリーベティー、スパイダーマンなど、数々の映画や海外ドラマが見放題!