2017年7月26日「君の名は。」がついに配信決定!

U-NEXTで配信されているのでチェックしてみてください!

⇒ U-NEXTのトライアルで「君の名は。」を観てみる

 

 

2L

 

「土竜の唄」は週刊ヤングサンデー(小学館)で2005年から2008年まで連載、後にビックコミックスピリッツにて2008年から連載中のアクションコメディ漫画です。

原作は漫画で、2016年12月23日には映画が公開されるという話が出ていますね。

映画のタイトルは

 

「土竜の唄 香港狂騒曲」

 

となっています。

原作は漫画ですが、映画化は二度目になります。

前作は2014年に公開され、興行収入22億円にもなった「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」です。

その続編が「土竜の唄 香港狂騒曲」となるのです。

今作でも監督やキャストは変わらず、主演は生田斗真さんということでこちらも話題となっています。

 

原作漫画である「土竜の唄」は、2016年8月の時点でコミック50巻が発行されています。

「土竜の唄 香港狂騒曲」も期待大ですが、やはりその原作も気になるところ。

どんな漫画なのでしょう。

まずは原作である漫画「土竜の唄」について迫ってみようと思います。

なお、なるべくぼかして書くようにはしますが、簡単なネタバレ要素が含まれていますのでご注意ください。

 

土竜の唄の結末ネタバレは?

では、原作である漫画「土竜の唄」の結末ネタバレについて書いてみます。

 

まず最初にですが、「土竜の唄」は完結していません。

ですので結末はまだなしですね・・・。

 

今回映画化される「土竜の唄 香港狂騒曲」は、「土竜の唄」の中でも人気のシリーズである「チャイニーズマフィア編」です。

前作である「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」からの続編となり、コミックだと29巻から35巻あたりの内容になります。

ですので、前作からの結末を踏まえて、「チャイニーズマフィア編」に該当する内容ネタバレを書いてみます。

 

「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」の結末ネタバレ

主人公である菊川玲二は、東京都・谷袋警察署交番勤務を5年つとめた巡査。

正義感は強いのですが、警察学校を史上最低の成績で卒業したダメ生徒でした。

 

ある日ある事件がきっかけで、玲二は巡査の懲戒免職を言い渡されます。

もちろん玲二は反論しますが、それに対しての答えは、「潜入捜査官の任務を受けること」だった!

「潜入捜査官」とは、犯罪組織に潜入してターゲットを摘発する仕事。

玲二のターゲットは殺人、シャブ、人身売買なんでもありの「数寄矢会」

 

「数寄矢会の組長である轟周宝を検挙するための決定的証拠を掴め…」

 

そう玲二は言い渡されたのです。

 

その後、玲二は潜入捜査官として数寄矢会に潜入。

阿湖義組の若頭補佐である月原旬を逮捕し、数寄矢会に大きな損害を負わせます。

さらには数寄矢会との抗争を行っていた蜂乃巣会との抗争を終わらせることに成功。

この功績は大きく認められ、潜入捜査の任が解かれたかに思われた。

しかし玲二の前に兄貴分である日浦、クロケン(黒河剣太)が現れる。

日浦は阿湖義組から離れ、日浦組を立ち上げると告げる。

そして玲二は日浦組の若頭に任命したのだった・・・。

 

と、ここまでが、第一作の映画「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」の結末です。

 

「チャイニーズマフィア編」の結末ネタバレ

「土竜の唄 香港狂騒曲」は、原作漫画のチャイニーズマフィア編を基にした映画であり、「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」の続編です。

原作と映画には少し違いがあると思います。

現状(2016/8)では映画が公開されていないので、コミック版のチャイニーズマフィア編の結末ネタバレを書きます。

映画本編なので、軽めに流す感じで・・・。

 

 

潜入捜査官の任務を解かれたかに思われた玲二。

だが、日浦組の若頭に任命されヤクザの世界に残ることになる。

 

そんな中、警察官としてエリートの道を進んでいた兜真矢がいた。

彼は警視庁組織犯罪対策本部の信任課長に就任する。

兜真矢は警察官と暴力団の癒着を撲滅するため、玲二を目の敵にし逮捕しようとしていた。

 

一方玲二は数寄矢会の会長である轟周宝から任務を受ける。

それは

 

轟の娘である迦蓮のボディーガード

チャイニーズマフィアである仙骨竜の壊滅

 

だった。

 

轟の妻である毯子と、娘の迦蓮がレストランで食事をしていた。

その時、ダニーと名乗る仙骨竜のメンバーが押し寄せる。

仙骨竜は轟へのダメージを目論み、娘を狙ってきたのだ。

ボディーガードを任命されていた玲二は当然抵抗しますが、相手はあまりに強く迦蓮は連れ去られてしまう。

玲二はあらゆる手段を使い行先を検索し、発見。

大ピンチの末、迦蓮を救うことに成功するが・・・。

しかしこの手柄を巡って、仲間同士の争いが起きてしまう。

そしてその混乱に乗じて仙骨竜の女ヒットマンが乗り込みをかけ、瞬く間に迦蓮は連れ去られてしまう。

連れ去られた先は、中国の上海。

仙骨竜のボスである桜罵百治の元へと連れ去られる。

玲二は兄貴分である日浦に協力を頼み、仙骨竜本部がある上海へと乗り込む。

 

人身売買オークションにかけられる迦蓮

救出を急ぐ玲二と日浦

 

数々のピンチを凌ぎ、ついに仙骨竜のボスを倒し、迦蓮を救出する。

無事に轟の元に戻った玲二と日浦。

この度、晴れて迦蓮のボディーガードも卒業することなります。

轟会長の杯を受け取ることになり、プレゼントまでも贈られる。

しかしこのプレゼントが・・・。

 

 

と、原作はこんな感じの結末になります。

最後の最後の結末ですが、それは自分で確認してみてください 笑

 

感想

警察官がヤクザに扮するストーリーが展開される「土竜の唄」

ヤクザ漫画と思いきや、シリアスありお笑いありエロありの何でもありのコメディ漫画でもあります。

シリアス展開の直後にエロギャグが来たりします 笑

また、玲二の性格と絵の描写もピッタリマッチしている気もします。

 

轟会長、日浦などの登場人物は玲二との関係は良好なのですが、実際のところは警察とヤクザの関係。

仲は良いはずがありませんし、玲二は轟会長をターゲットとしています。

でも信頼関係は構築されていますし、お互い命がけで行動しています。

 

こんな不思議な関係を思いながら観て(読んで)いくと、さらに面白く感じると思いますよ。

まぁそこまで深く考えなくても、面白いギャグ漫画ですけどね!

 

また、これ以外にも注目すべき点があります。

実はこの漫画、グルメ漫画っぽいところもあります!

チャイニーズマフィア編は、舞台は上海。

中国と言えばグルメの国でもあります。

玲二たちもそのグルメを堪能するのですが、またその絵と表現が美味しそうに見えるのですよ 笑

特に玲二の食いっぷりは、見ていてたまらないです!

食いたいーーー!!ってなりますよ 笑

 

原作である漫画も、もちろん面白いので注目ですよ♪

興味のある方は読んでみてください。

土竜の唄を読んでみる

☆サイト内で「土竜の唄」と検索してください☆

1部分ですが無料試し読みも可能です。

 

「土竜の唄 香港狂騒曲」の基本情報

最後に映画版の詳細情報について載せておきます。

土竜の唄 香港狂騒曲

映画公開日:2016年12月23日

原作:高橋のぼる「土竜の唄」

監督:三池崇史

主要キャスト:

生田斗真(菊川玲二)

瑛太(兜真矢)

本田翼(轟迦蓮)

菜々緒(チャイニーズマフィア・胡蜂)

古田新太(桜罵百治)

堤真一(日浦匡也) 他

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

映画やドラマの動画を無料で観よう

映画やドラマって、色々な理由があって見逃したりしませんか?

 

公開や放送が終わってしまうと観ることが難しいよね・・・。

 

そんなことはありません。

映画や動画を配信してくれるサービスを利用すると観ることができます。

例えば、U-NEXTという動画配信サービスです。

これは映画やドラマなどをパソコンやスマホで動画視聴できるサービスになります。

 

スマホでも観ることができるので、忙しくて時間が取れなくても安心です。

さらに、視聴無料の期間がついていますのでその期間なら完全無料で観ることができますよ。

登録だけでもしておきましょう。

⇒ U-NEXT

☆サイト内でタイトルを検索してみてください☆

☆トライアル期間に無料視聴が可能です☆

 

またこちらのサービスも有名です。

こちらも2週間の無料トライアルがついているので、この期間なら無料ですよ。

もちろんいろいろなドラマや映画、アニメなども視聴できます。

ぜひ登録してみましょう。

 

その他の記事映画情報はこちら

この他にも映画やその原作についてまとめています。

映画のほかに、ドラマのことも書いています。

読んでみてください。

もくじ

 

 

こんな記事も読まれています:

U-NEXTでドラマ映画がタダで観れる!?

FODプレミアムコースが最大1ヶ月無料!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

アグリーベティー、スパイダーマンなど、数々の映画や海外ドラマが見放題!