2017年7月26日「君の名は。」がついに配信決定!

U-NEXTで配信されているのでチェックしてみてください!

⇒ U-NEXTのトライアルで「君の名は。」を観てみる

 

145918_01

 

「手紙」は2006年11月3日に公開された日本の映画です。

原作は東野幸治の同名小説「手紙」で2003年に出版されました。

元々は毎日新聞日曜版に連載されていた小説です。

映画化に合わせて小説が刊行されました。

 

ここでは映画版の簡単なあらすじとネタバレなどについてまとめていこうと思います。

 

「手紙」のキャストは?

主なキャストは以下の通りです。

 

武島 直貴

(山田孝之)

 

武島 剛志

(玉山鉄二)

 

白石 由実子

(沢尻エリカ)

 

中条 朝美

(吹石一恵)

 

中条

(風間杜夫)

 

嘉島 孝文

(山下徹大)

 

寺尾 祐輔

(尾上寛之)

 

緒方

(高田敏江)

 

注目したいのは、沢尻エリカさんです。

本当に演技が上手いです。

 

「手紙」の主題歌は?

映画「手紙」の主題歌は、高橋瞳さんが歌う「コ・モ・レ・ビ」です。

 

 

挿入曲は数曲あるのですが、

 

小田和正 「言葉にできない」

若山かずさ 「縁切寺」

 

は特に印象に残ってます。

 

映画「手紙」のネタバレとあらすじ感想は?

何度観ても、感動して大泣きした映画です。

本当に泣けます。

最初は10代の頃に映画館で観ました。

わたしには姉が2人にいるので、主人公の気持ちが想像できたので余計に感動したのかもしれません。

オススメできる点は、最後のほうの主人公が今までは嫌っていたお兄さんに対する本音を、刑務所のところで漫才として話すところです。

主人公は漫才師を目指す若者なのです。

家族ってやっぱり切っても切れないもので、お兄さんが主人公に対する愛情や、主人公がお兄さんに対する気持ちの部分に感動しました。

そして主人公のことを支えて、家族の大切さを教えてくれる沢尻エリカさんの役も素晴らしかったです。

最後、お兄さんが大泣きするときに流れ出す音楽もまたピッタリで、2回目に観たときはその音楽にも感動して泣けました。

日本の映画なので難しく考えることもなく、ぼーっと観てても不思議と頭の中に入ってきて泣ける1本です。

モヤモヤしているときや、泣いてストレスが発散できる方には特に観て欲しい映画だと思います。

東野圭吾ファンも納得の1本だと思いますよ。

 

映画「手紙」を無料で観よう

映画「手紙」、気になりませんか?

 

気になってはいたけど、結局観ることができなかったなぁ

 

そんな人もたくさんいるはず。

普段の生活も忙しいですし、結局忘れちゃいますよね。

 

でもやっぱり気になる…。

 

そこで良い方法があります。

映画や動画を配信してくれるサービスを利用するのです。

例えば、U-NEXTという動画配信サービスです。

これは映画やドラマなどをパソコンやスマホで動画視聴できるサービスになります。

つまり、「手紙」をいつでもどこでも観ることができます。

スマホでも観ることができるので、忙しくて時間が取れなくても安心ですよ。

さらに、視聴無料の期間がついていますのでその期間なら完全無料で観ることができますよ。

登録だけでもしておきましょう。

動画配信サービス「U-NEXT」で好きな映画を観る!

☆サイト内で「手紙」を検索してください☆

☆トライアル期間に無料視聴が可能です☆

 

またこちらのサービスも有名です。

こちらも2週間の無料トライアルがついているので、この期間なら無料ですよ。

もちろんいろいろなドラマや映画、アニメなども視聴できます。

ぜひ登録してみましょう。

 

その他の記事映画情報はこちら

この他にも映画やドラマについてまとめています。

読んでみてください。

もくじ

 

 

こんな記事も読まれています:

U-NEXTでドラマ映画がタダで観れる!?

FODプレミアムコースが最大1ヶ月無料!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

アグリーベティー、スパイダーマンなど、数々の映画や海外ドラマが見放題!