2017年7月26日「君の名は。」がついに配信決定!

U-NEXTで配信されているのでチェックしてみてください!

⇒ U-NEXTのトライアルで「君の名は。」を観てみる

 

「溺れるナイフ」は別冊フレンド(講談社)で2004年10月~2013年12月まで連載された少女漫画です。

原作は漫画で、2016年11月5日には映画が公開されるという話が出ていますね。

映画のタイトルは原作そのままで

 

「溺れるナイフ」

 

となっています。

原作である「溺れるナイフ」は、コミックは全17巻で累計150万部を突破した伝説とも言える人気作です。

主人公とヒロインが出会ったのは10代初め。

中学高校時代という、まさにナイフのような感性を持った10代を描き、特に若い女性に圧倒的支持を得ている傑作です。

 

原作者は、メディアには滅多に出ないといわれているジョージ朝倉さん。

ちなみに人気映画「ピースオブケイク」の原作もジョージ朝倉さんですね。

 

映画版の「溺れるナイフ」は期待大ですが、やはり圧倒的人気を誇ったコミック版も気になるところです。

ですので、原作である漫画「溺れるナイフ」について迫ってみようと思います。

なお、なるべくぼかして書くようにはしますが、簡単なネタバレ要素が含まれていますのでご注意ください。

 

溺れるナイフの結末ネタバレは?

では、原作である漫画「溺れるナイフ」の結末ネタバレについて書いてみます。

まずは登場人物についてです。

望月夏芽

東京で雑誌モデルをしていた美少女

長谷川航一郎(コウ)

浮雲町の土地一帯の地主で、神主一族の末裔である長谷川家の跡取り息子

 

この2人が主人公となります。

「溺れるナイフ」はコミック17巻で結末を迎えています。

そしてその結末は・・・

 

このふたりが結ばれること

 

です。

ハッピーエンドと言えばハッピーエンドですが、一筋縄ではいかない。

長い長い時間を経て、多くのことを経験して、その上で結ばれるのです。

 

タイトルにもある「ナイフ」は「10代の自意識」を意味しているそうです。

時としてダークな展開も描かれており、「溺れるナイフ」は、ありがちな恋愛少女漫画ではないです。

 

 

では、簡単なあらすじです。

東京でモデルをしていた小学6年生の夏芽は、親の都合で父の故郷である浮雲町に引越すことになりました。

東京という華やかな土地とは違い、田舎には何の刺激もなく夏芽は落ち込んでしまいます。

彼女は、そこでひとりの男性に出会います。

彼の名は長谷川航一郎(コウ)。

浮雲町の大地主であり神族の末裔でもある彼は圧倒的なオーラを放っており、かつてモデルとし活躍していた夏芽は、彼に同じものを感じ惹かれていきます。

それ以降、ふたりは多くの経験をしていくことになります・・・。

 

 

☆この先ネタバレあり!

 

中学生時代

夏芽とコウが中学生になった時、事件が起きます。

夏芽は、ある有名なカメラマンと出会い写真集を出すことになります。

このことがきっかけになり、夏芽とコウは付き合うことになるのです。

芸能活動を続けていく夏芽。

その時、そこに入り込んできたのは彼女のファンでもある蓮目だった。

彼は夏芽を拉致し暴行しようとする。

ただ、夏芽はコウが助けに来てくれることを信じていました。

そして実際コウは助けに来たのですが、蓮目は大の大人。

中学生であるコウが何かできるはずもありません。

それどころかコウは大ケガを負ってしまうことになります。

 

結局、蓮目は逮捕されます。

しかし、夏芽とコウ、ふたりの間には大きな溝ができてしまいました。

中学生という感受性が高い時、ふたりはそれぞれ「自分」という人間に対しての無力感しか感じることができなくなってしまっていました。

その後、付き合っていたふたりは別れることになります。

コウの性格は荒れに荒れ、親友でもあった大友とも疎遠となってしまう。

一方、夏芽は事件がトラウマになりふさぎ込んでしまう。

 

 

その状態が続き、いくつかの歳月が過ぎ去った。

そんな時、夏芽の目に現れたのは大友だった。

夏芽は大友によって明るさを取り戻し、再び芸能活動を始めることとなる。

それと同時に、夏芽と大友は付き合い始めることになった。

 

この時、夏芽とコウは中学3年生だった。

 

高校時代

夏芽とコウは高校生となった。

夏芽と大友は付き合いを続けていたが、コウもまた、夏芽を諦めていたわけではなかった。

そんな時、夏芽とコウは偶然の再会を果たす。

そこでコウは力づくで夏芽を自分のモノにしてしまう。

ただこのことがきっかけで、夏芽はコウへと気持ちが動いてしまったのだ。

ふたりは再び、付き合うことになった。

 

しかしコウは、あの事件のことを忘れていなかった。

何もできなかった自分への劣等感。

その一方で、今を華やかに生きる夏芽。

コウは夏芽を見て、自分への更なる劣等感を抱いてしまう。

 

コウは夏芽といることが辛かった。

ふたりはかつてのような関係にはなれなかった。

 

夏芽は、コウにかつての自信を取り戻させるために地元のお祭りである「火付け祭り」に参加させることにした。

「参加したら2度と会わない」という約束で・・・。

 

しかし・・・祭りの当日、夏芽の前に現れたのは「蓮目」だった。

蓮目は再び夏芽を暴行しようとする。

ただ、その場にいたコウが、あの時とは逆に蓮目を一方的に攻撃する。

そしてついには蓮目を・・・。

 

しかし、後になってみると火付け祭りに参加していたと言うコウ。

そして、コウを心酔している同級生の松永カナと一緒にいたとも。

 

蓮目に手をかけたのは、確かにコウだった。

だが、実際は蓮目が身投げをしたのだ。

カナはこの現場を目撃していた。

コウはカナに協力を頼み、蓮目の遺体を隠したのだ。

カナと一緒になることを引き換えにして・・・。

 

 

・・・

 

 

その後、物語は最後を迎えます。

もう一度言いますと、結末はハッピーエンドです。

 

感想

正直、読む度にかなりつらくなる内容です。

結末はハッピーエンドですが、ネタバレを読んでいただいて、その展開からハッピーエンドが想像できるかどうかは人それぞれだと思います。

でも、幸せは人の数だけあるわけですし、その幸せに至るまでの過程はもっと多いと思います。

敢えて結末の詳細は書きませんでしたが、ぜひとも原作を読んでいただきたいです。

複雑な気持ちにはなりますが、そういった面でとても読み応えのある作品であることは間違いないです。

 

興味のある方は読んでみてください。

溺れるナイフを読んでみる

☆サイト内で「溺れるナイフ」と検索してください☆

1部分ですが無料試し読みも可能です。

 

映画版「溺れるナイフ」の基本情報

最後に映画版の詳細情報について載せておきます。

溺れるナイフ

映画公開日:2016年11月5日

原作:ジョージ朝倉「溺れるナイフ」

監督:山戸結希

主な出演キャスト:

菅田将暉

小松菜奈

重岡大毅

上白石萌音 他

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

映画やドラマの動画を無料で観よう

映画やドラマって、色々な理由があって見逃したりしませんか?

 

公開や放送が終わってしまうと観ることが難しいよね・・・。

 

そんなことはありません。

映画や動画を配信してくれるサービスを利用すると観ることができます。

例えば、U-NEXTという動画配信サービスです。

これは映画やドラマなどをパソコンやスマホで動画視聴できるサービスになります。

 

スマホでも観ることができるので、忙しくて時間が取れなくても安心です。

さらに、視聴無料の期間がついていますのでその期間なら完全無料で観ることができますよ。

登録だけでもしておきましょう。

⇒ U-NEXT

☆サイト内でタイトルを検索してみてください☆

☆トライアル期間に無料視聴が可能です☆

 

またこちらのサービスも有名です。

こちらも2週間の無料トライアルがついているので、この期間なら無料ですよ。

もちろんいろいろなドラマや映画、アニメなども視聴できます。

ぜひ登録してみましょう。

 

その他の記事映画情報はこちら

この他にも映画やその原作についてまとめています。

映画のほかに、ドラマのことも書いています。

読んでみてください。

もくじ

 

 

こんな記事も読まれています:

U-NEXTでドラマ映画がタダで観れる!?

FODプレミアムコースが最大1ヶ月無料!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

アグリーベティー、スパイダーマンなど、数々の映画や海外ドラマが見放題!